印鑑にも個性を

  • RSS

シャチハタの『ネーム9』には、既製品で2960姓の取り扱いがあります。
よほど珍しい名前でない限り、たいていの人は既製品のネーム印を使っているのではないでしょうか?
そんなシャチハタネーム印の別注品があるのはあまり知られていないのですが、実はとてもオススメだったりするんですよ。
別注と言うと響きは仰々しいですが、要は市販で取り扱っていない商品をオーダーするという事。
店頭で扱っていない珍しい苗字を作成する場合以外でも、書体、レイアウト、ボディカラーを自分の好みに合わせて選べるという楽しみが増えるんです。

まず書体。8種類+特殊フォント(勘亭流・クラフト墨)から好みに合わせて選択します。
既製品のネーム印は楷書体ですが、ゴシック体を使うと少しカジュアルな印象になり、隷書体はとても女性らしい柔らかなイメージに。
印鑑でもよく使われているてん書体は、一見するとネーム印とは分からないほど印象が変わります。
小判型も既製品では見かけませんが、別注なら製作可能です。
次にレイアウト。既成品は縦書きの苗字のみですが別注品だとフルネームや横書きもあり、バリエーションが豊か。
佐藤さんや高橋さんなど、同じ苗字の人が多く存在する場合も、フルネームであれば本人である事が一目瞭然。
紛らわしくて困る!なんていう事も無くなりますよね。

最後に、一番個性を表現できるのがボディカラーです。
定番の黒から、スマートな印象の白、個性的な女性の支持を得そうなビビッドなピンクや緑、柔らかいイメージのパステルカラーまで実に9種類のカラーが揃っています。
既製品より500円ほど割高にはなりますが、自分好みのオーダーメイドでワンランク上の仕上がりになる事を考えると、決して高くは無いと思います。
ただ名前を捺せればいい…それだけでは物足りないアナタ、ネーム印の特注品で周りの皆に差をつけてみてはいかがですか?

〔お役立ち!便利サイトのご紹介〕
初めて印鑑をインターネットで購入される方にお役立ちのサイトがあります!
はんこの種類や価格、商品数から印鑑を比較できます。
⇒印鑑の評判・口コミは「印鑑ネット」へ!
世界に一つの印鑑
http://www.justeuneillusion.org/
キラキラ印鑑が気分を上げてくれる
http://www.hootersargentina.com/

このページの先頭へ